\おまとめローン利用おすすめ1位/

トップページ

「毎月の支払いが複数で大変」
「金利ってもっと安くなる?」

今すぐおまとめローンしたいけど審査が不安という方に、今すぐ借りれるおまとめローンをご案内します。誰にも会わずに今日中におまとめローンするなら、ネット審査申し込み可能で、即日振込に対応している大手消費者金融がおすすめです。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
おまとめローンランキング

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座があれば、手続き後10秒程度で入金。その他の銀行の場合平日14時50分までに手続き完了で振込融資、どうしてもという時でも22時(一部の店舗は21時)までなら自動契約機を使えば当日中に借りれます)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

【必要書類について】
プロミスは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは健康保険証」と「住民票」が必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。
お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

【必要書類について】
アイフルは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは顔写真ありの公的証明書類」が必要になります。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要です。

最短30分審査で即日融資。楽天銀行口座があればいつでも即時振込み。
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(楽天銀行の口座があれば24時間いつでもOK、14時までに手続き完了でその他の銀行でも振込融資)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦20歳以上の学生でもアルバイトやパートで安定収入があるなら借りれます。
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要
  • 最大30日間無利息
  • スマホでいますぐ書類審査の申し込みができます

【返済について】
アコムは、契約時の限度額に応じて毎月の最低返済額が変動します。限度額50万円で10万円借りた場合の毎月の返済額は3,000円以上となります。毎月払いだけでなく35日サイクルで払う方式もあります。

【必要書類について】
アコムは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「個人番号カード等」をご用意ください。
顔写真がない書類の場合は「住民票または納税証明書、公共料金の領収書」などの書類も必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。
お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

おまとめローンとは?

おまとめローンとは、複数の金融会社から借り入れているローンを借り換えによって一本化する方法です。おまとめローンによって借入先が一つになり、毎月の返済管理が楽になります。また、一本化することで複数社から借り入れしている現状よりもかなり金利が安くなる可能性があります。おまとめローンを検討中でも、「家族にバレたくない」「職場の同僚にバレたくない」と不安な場合は、大手のネット審査がおすすめです。WEB完結の申し込みなら、誰にも見られずバレずに申し込みが完了します。郵送物なしにしたいならプロミスの他にモビットも好評となっています。

借り入れの基礎知識コラム


カードローンの利用が可能になるのは成人、つまり満20歳からですが、利用できる年齢にも制限があって、消費者金融はほぼ69歳、銀行はほぼ65歳までとなっています。契約した当時にこの年齢であれば、更新審査の時に自動的に年齢も更新され、上限年齢を超えれば契約も更新されません。信販会社などの契約更新は基本5年で、銀行は1年に1度更新されます。大学に通う私の弟が、最近はまりだしたというバイクを購入する為に返すあてもないくせにおまとめローンでお金を借りていたことが親の知るところとなりました。私の弟は遠方の大学に通っているので、普段は大学近くに下宿しており、キャッシングサービスを使ってバイクを買ったなんて、家族は誰も気づかなかったのですが、返済を滞らせたので、親に督促の連絡があったので、事実が露呈してしまいました。持つべきものはなんとやら、最後は親が返済を済ませてくれました。もちろん、弟はかわいそうなぐらいものすごくお叱りを受けていました。借入の利率は金融機関によりけりですべて一緒ではありません。かつ、自分が希望する借り入れ額によっても利率は異なってくるものです。もし、急に生活費など出費が重なり、現金が足りなくなった場合、利息をなるべく低めに抑えたいのであれば、自分は本当にいくら必要なのかきちんと計算し、必要額を把握したうえで金融機関とサービス内容も合わせて口コミやネットのサイトなどから比較し、検討をすることが良いことですし、お得につながります。銀行やノンバンクなど、金融機関それぞれで借りることのできるお金の限度額が違っており、数万円ほどの小口や即日などの融資だけでなく、数百万円にもなるような額が大きめの融資も必要ならば受けることが可能となっています。申し込みをしてから融資までの時間も早く、あっという間にお金を手にすることができますから、たいへん実用的になったと言えるでしょう。それぞれの金融機関が発行しているカードで借りるというのがよく利用されている方法だと思います。お金が必要な時に、親類や友人に頼ることを考えている人は意外と多いようです。でも、いざ頼るとなると、なぜお金が必要なのか、と詰問されると思います。何も聞かず、快く融資してくれる人もいる可能性はありますが、普通はそんなことはありません。他にも、借金という弱みを握られてそれまでの人間関係が壊れてしまうかもしれません。お金の問題は人間関係を壊す大きな要因です。こうした危険性を少しでも減らすには、限度額や利率がハッキリと設定されているおまとめローンを使った方が気持ちも楽だと思います。深夜や早朝などに急にお金が必要になった場合は、どうすればよいでしょうか。銀行ATMでご自身の口座から貯金を下ろすことも可能ですが、200円程度の時間外手数料を払わなければなりません。ところが、キャッシングであれば、時間外手数料無料のATMからお金を借りられますし、利息は日割り計算ですので、すぐに返済すれば数円で済むでしょう。ですので、時間外手数料を支払ってまで自分の銀行口座からお金を引き出すより、賢い運用方法だと思います。キャッシングは手続きや審査がスピーディーなうえ、保証人や担保を用意しなくて済むのも便利です。オリックスといえばCMや雑誌などメディアでも多く取り上げられているほど、大きな会社です。日本の野球界を代表するイチロー選手がこれまで所属していた世界でも有数のオリックス球団を保有するくらいの企業です。そんな大企業オリックスを支えている最も中心となっている事業が金融事業だという事を知っている方は少ないでしょう。毎日の生活には欠かせないクレジットやおまとめローン、おまとめローンもそうですが、様々な面で事業を拡大している企業なのです。消費者金融は昔よりも身近なものとなりましたが、そのものとしては変わっていません。消費者金融は金貸しという事ができ、返済が滞ると地獄に落ちるのは以前と変わらないのです。安直な気持ちでおまとめローンに手を出してはいけません。利用する際は、「返済しないと恐ろしい目にあう」ことを忘れずに利用する方がいいです。キャッシング会社を初めて選ぶときは、すぐに作れて出し入れが容易なカードローンがイチオシです。申し込みもたいていはウェブで完結しますし、勤務先への在籍確認のTELがイヤなら専用のアプリをダウンロードして利用することで簡単にできます。飲み会みたいな小額なら提出書類も最低限で済み(小額は収入証明不要)、手間も時間もかからなくて、安心のために持っておくと良いでしょう。借金に当たり、以前なら必ず必要だったことが変わってきていると言います。金額の多少に関わらず、収入に関する制約が無いなんて事は、どういう根拠に基づいて行なわれているのか疑問ですが、近年の常識として、それほど多額の借り入れでなければ、収入の多寡を問われることなどなく、証明書の提出も求められることがないのが、普通で、手続きが以前と比べて簡便になってきています。数百万円と言うのが、実際の小額の相場らしく、その設定には驚かされます。小額どころか、超高額だと思うのは私だけではないでしょう。ということで、そこそこの金額から数百万円ぐらいまでの金額の借金なら、いつでも何の収入保証も必要なく出来、余分な手間が省けるようになったのです。嘘のような本当の話で、救われる人も多いことでしょう。

貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
平成29年9月30日現在
【全業者数:286】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

おすすめ1位のプロミス